1. HOME
  2. 生活文化科

生活文化科の紹介

教育目標

 生活に関するさまざまな知識や技術を身につけ、日本の伝統文化を理解し、継承する。また、新しい時代に合った創造性あふれる感覚を持ち、社会で活躍できる力と、心豊かで調和のとれた人間性を養う。

特色

  生活文化科では、食物や服飾、保育や福祉などの基礎的、専門的な知識や技術を修得することを目標に、普通科目と家庭に関する科目を学びます。

 4年制大学、短期大学、専門学校への進学者も多く、また将来役立つ資格取得にも取り組みます。また、就業体験を通して職業への適性を確認し、一人ひとりが自分の目標を持ち、進路実現ができるようにします。

p1 p2
p1 p1


専門科目とコース紹介







【共通科目】フードデザイン、ファッション造形基礎、家庭総合、生活産業基礎

p1     p1 









【共通科目】調理、ファッション造形、生活文化、生活産業情報

       p1    p1






















【共通科目】生活文化、消費生活、課題研究

  p1 p1


【選択科目】

(服飾コース)ファッション造形、ファッションデザイン

(食物コース)調理、フードデザイン

(生活コース)調理、ファッション造形

(コース共通)生活産業情報、子供の発達と保育、生活と福祉

    p1      p1

  

    


主な学科行事

インターンシップ(1年生全員)

p1 p2

 

 

 

外部講師による授業

p3 p1

着物着付け実習

十二単・直衣着付け講習会



demae_1
demae_2

株式会社制度と証券市場のしくみ



26demae_01
26demae_02

座布団作り

和菓子講習



26demae_03
26demae_04
チーズセミナー


p1
p1
育児体験者との座談会及び赤ちゃんふれあい体験

 

テーブルマナー講習会(3年生全員)

p1
p2
洋食のマナーについて基礎的な講義・講習を受け、テーブルマナーの知識を習得します。
また、テーブルマナーの知識を通して日常の作法も体得します。

 

課題研究

26kadai_01
26kadai_02
 着付け、手芸、被服、保育、食物、ビジネスの6講座に分かれ、家庭に関する課題を設定して1年間研究を行います。

資格取得

3年間の検定への取り組み

資格目標 1 級 2 級 3 級 4 級
全国家庭科技術検定
被服製作
3年(服飾コース)
ファッション造形
2年(全員)
ファッション造形
1年(全員)
ファッション造形基礎
1年(全員)
ファッション造形基礎
全国家庭科技術検定
食物調理
3年(食物コース)
調理
2年(全員)
調理
1年(全員)
フードデザイン
1年(全員)
フードデザイン
全商ビジネス文書実務検定 3年課題研究
3年生活産業情報
2・3年生活産業情報
全商情報処理検定
ビジネス部門
3年課題研究 3年生活産業情報
秘書技能検定 3年希望者 2年(全員)
生活文化

 


各種コンテスト結果

第61回 全国高等学校家庭クラブ研究発表大会

学校家庭クラブ活動の部 新潟県教育委員会賞
「隠れた大府の宝物!!
 ~たまねぎで大府を変えよう!~」
全国高等学校家庭クラブ研究発表大会参加

 

 

学校家庭クラブ活動

園芸活動

食農体験で、校外で野菜の収穫体験をしています。

また、普通科と生活文化科の1年生が協力して、校内で野菜などを栽培し調理実習に活用しています。

p3 p2

食農体験(白菜の収穫)

ハーブガーデン


研究活動

家庭クラブ役員が、食物講座と手芸講座を年2回ずつ企画しています。

p3 p2

普及活動

大府市特産の玉ねぎのPRをするため、家庭クラブ役員を中心に玉ねぎの研究をしています。

 

p3 p2 p2

大府市内のイベント

 

ドレス製作
(玉ねぎの皮で 染めた布を利用)

研究発表

 

p3

p3

◀「リンゴと玉ねぎの

  ときめきジャム」商品化

     



高校家庭科の教員を目指す人へ

高大連携事業


ページのトップへ